絶大なる育毛効果のAGAナビ

生え際が後退してしまうのは、男性ホルモンが深く関与していることが想像付きます。そもそも生え際というのは、育毛剤の有効成分は浸透しにくい場所ですし、毛乳頭の機能が低下しやすくなっている場所だからです。

 

もちろん副作用と言いましても、一般的な軽度なものですので、そこまで心配する必要はありません。どういう手段で生え際ですと効果が感じられにくいかと言いますと、この部分はホルモンを抑制するだけでは駄目ですし、血行促進するだけでも効果が皆無のです。

 

ただしデメリットとして、副作用が出てしまうことがあることから、全ての方に「これはオススメです!」ということは出来ません。ただのみAGAや抜け毛と言いましても、頭のてっぺんから薄くなってきてしまう人、また生え際が薄くなってくる人など、人によってパターンが異なっています。

 

育毛剤の使用において、頭のてっぺんが薄くなっている場合に対しては、比較的速達効果を実感することが出来る傾向にありますが、生え際の後退に対しては、なかなか効果が出しょっぱいと言われています。そんな生え際の後退に効果を期待することが出来るのが「プロヘシア」「リアップ」などの薬用育毛剤です。

 

これらの育毛剤には、フィナステリド、ミノキシジルが配合されており、現在市販されている育毛剤の中では、群を抜いて不廉効果を期待出来ます。その理由として、生え際の後退というのは、男性特有とも言える抜け毛であり、男性型脱毛と呼んでいます。